2014年12月07日

ご無沙汰です・・

みなさん、こんばんは。
すっかりご無沙汰しており、すみません…。(毎度のことながら)
もう12月ですね。師走ですねーー。

突然ですが、10月頃に、左眼が網膜裂孔という病気(?)になってしまいました。
目の網膜に穴が開いている状態というものです。
何箇所か開いている穴はレーザーの光凝固手術でふさいだのですが、その次の週にもまた穴がみつかって追加で手術をしたこともあり、この先、私の眼はどうなるのか・・・とけっこう落ち込んでました。

まだあと20年は生きたい計算だったのに、今もう左眼がこんな状態だったらこの先もつのかなぁ、とか、網膜剥離になって最悪失明したらどうしよう~~とか。

私は強度の近視で、しかも、けっこう、仕事で目を酷使してるので、そのせいで近視がいまだに進行しているのですよね。
近視の人は眼球の奥行きが長くなるらしく、その分、網膜がひっぱられて薄くなるため、年齢が低いうちから、穴や裂け目ができるリスクは高いらしい。
根本的な治療はないものかと大学病院も行ったけど、ないといわれ、対処療法というか、いかに裂け目や網膜剥離を早期に発見できて治療できるかにかかっているらしいです。
こうなったら未来の医療技術の進歩に期待!!><

網膜裂孔や網膜剥離のリスクとは直結しないと医者にはいわれたけど、これ以上目が悪くなって網膜が薄くなるのは防ぎたいので、なるべく、目は酷使しないように、パソコンやスマホなんかのディスプレイを見る時間は減らすようにしています。
(というわけでtwitterもそんなわけで今は全然見ておらず・・・T-T)

サイトの更新をしていないのは眼のせいというよりは私の怠慢ですが、そんなこんなで、バタバタとしていた今年の秋でした。
こないだの検査でようやく「次は3ヶ月後でいいよ」といわれたので、ひとまずほっ。
みなさんも眼はどうぞお大事にしてくださいね。
眼に限りませんが、一生使う体ですもんね!!
私の場合は、9月に後部硝子体剥離と硝子体の出血があり、その1か月後に、硝子体剥離にともなって、残念ながら網膜に穴が開きました。
私もそうでしたが、硝子体に出血がおこると、ぶわっと飛蚊症が出ることが多いそうなので、そうなったらすぐに眼科へ行ってくださいね。
今の世の中、だれでも飛蚊症はあると思いますし、私もありましたが、なんていうか、そういう比じゃなくて、私の場合は目の前を真っ黒な墨で覆い尽くされたような感じで、恐怖すら感じました。今はおかげさまで出血が止まったので、そのときよりはもうずっとずっとましになりましたけど。(とはいえ、今も常時なにかが左眼に見えているので、けっこう気にはなります。これは完全には消えないらしいので、慣れらしいですが)

というわけで、いろいろと、考えることもあった私でした。
みなさんも毎日大変だと思いますが、どうぞ、お体大事にして過ごしてください*^-^*

しかしサイト…次、更新できるのいつかなぁ…。時間もなんとかなるし、書きたいのだが、ネタが、ネタがっ>_<
いつもながらこんな管理人ですみません。。。

えっと……来年もどうぞよろしくお願いします。
(ってもう!??( ≧Д≦) 、 、 、!!)

posted by Tim at 23:42| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください